人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

浮間コスモス

季節が秋から今日は一揆に冬になったような寒さです。
朝からシトシト雨が降っている。こんな時は昨日写した河原のコスモスを整理しましょう。

先日久しぶりに逢った友人が、歩行に杖を使っていました。
昨年の正月の4日ご主人をホスピスで別世界におくりました。
毎日ご主人の要望に答え、車で30分の道程を手作りの食事を持って通いました。
その疲れが今体にも出てきたのかな~と感じたのです。

県内にホスピス病棟は2箇所しかない事、でも運良く待たずには入れた事
ママの作ったのが食べたい~と言う要望に応えてあげたかった 事など
時間が流れて様々な事が聞けました。

ホスピスについて記します

末期の癌(がん)など治癒の困難な疾患にかかった患者とその家族に対して、快適な生活を送れるように支援およびケアを提供する場。
ホスピス緩和ケア病棟の役割
従来は、ホスピス緩和ケアの目的は治癒不可能な疾患の終末期にある患者および家族が、可能なかぎり人間らしく快適な生活を送れるように支援することであったが、ホスピス緩和ケアが疾患の終末期のみならず、早期から必要なケアであると認識されるようになり、そのための基本方針を、NPO法人日本ホスピス緩和ケア協会は次の7項目としている。

(1)痛みやその他の苦痛となる症状を緩和する。

(2)生命を尊重し、死を自然なことと認める。

(3)無理な延命や意図的に死を招くことをしない。

(4)最期まで患者がその人らしく生きてゆけるように支える。

(5)患者が療養しているときから死別した後に至るまで、家族がさまざまな困難に対処できるように支える。

(6)病気の早い段階から適用し、積極的な治療に伴って生ずる苦痛にも対処する。

(7)患者と家族のQOLを高めて、病状に良い影響を与える。

ネットからの一部ですが自分にも置き換えて気持ちの中に置いて置きたい
d0028304_10391434.gif

昨日の浮間は抜けるような青空に白い雲が高く、ゴルフ場の土手に咲くコスモスは満開。
土手の斜面を郊外学習の小学生が虫取り網を振りかざして、大きな声ではしゃいでいる。
土手いっぱいに子供の歓声とピンク色のコスモスが賑わっていました。
コスモスと蝶
d0028304_10575956.jpg

d0028304_10584599.jpg

d0028304_1059376.jpg

浮間の土手から の眺め遠くに秩父の山並みかな~ 
d0028304_1101480.jpg

虫取れた~?  とれたぜ!~
d0028304_1103193.jpg

これがすき
d0028304_111862.jpg

d0028304_11214100.jpg

by dekomama | 2010-10-28 11:03 |

秋の散歩

ようやく秋の訪れです。
先日長年の友三人と暫くぶりに逢い、食事とおしゃべりに時間を過ごしました。
子育てでそれなりに時間に追われている中、共通の趣味やサークルで学びあう事が
多かったのです。
他の2人は伴侶を失い、その心の整理がようやく出来たかな~と感じるこの頃でした。
又のティータイムを約束した時、80歳を越えた友人が細長い箱を出して
、「そえつながら此れを受けてほしいのよ」と言う、少しずつ物の整理を始めたと言う...
それは以前一緒に手習いをした「かな和歌集」を纏めた作品でした。
このお姉さまは何事も手を抜く事無く、元々筋もよく素晴らしい書体を書く方です。
形見分けと思い、複雑な気持ちですが、元気な内に渡しておきたい...その心を
嬉しく戴く事にしました。
d0028304_19564041.jpg

d0028304_14511666.jpg

d0028304_19582660.gif
今日東京芸術劇場のギャラリ-に藤田久美子キルト展を見てきました。
撮影禁止の為作品をデジカメ出来無かった事は残念です。
藤田さんと教室の生徒さんの展示で今回はタペストリーの大作でした。
d0028304_14571938.jpg

d0028304_1534093.gif

実りの秋に入り、栗や梨、ぶどうとうれしい荷物が届きます。
硬い皮を剥くのは大変ですが、くりを1晩おゆに付けると以外に柔らかく楽に剥けます。
今年は2回栗御飯を作りました。口に入れると「ホクホク」と広がる食感が良い。
どんぐりは落ちているとツイ拾ってしまう。何か作りましょう。
栗御飯と木の実
d0028304_14262018.jpg

白い花
d0028304_14272373.jpg

黄色コスモス  浮間のコスモスが咲いているかな~と出掛けた今月なのに
丈が20センチくらいで 花はまだまだ咲いていない。
今は咲いているでしょうね~
d0028304_15122753.jpg

d0028304_14283627.jpg

お隣さんのクロッカス
d0028304_14294034.jpg

by dekomama | 2010-10-22 15:28

アンジェ

ブログ友人のページに時々、この欧風庭園が載っていました。
素敵なヨーロッパ風のお庭、アンジュって妖精が出てきそうな風景と思っていました。

何時もお世話になっているOさんに、この庭園の券を頂きました。
枚数も多いので、いきがい写真部の皆さんに声を掛け、行ってきたのです。
夏が長かった今年未だ「ハイビスカス」が入門で迎えてくれました。
ガーデンコンサートを日にちの都合で聞けませんでしたが、芝生の広場でその雰囲気を伺うことは出来ました。
鹿が見つめる池
d0028304_13284933.jpg

妖精の出そうな小道
d0028304_1330983.jpg

d0028304_13313399.jpg

しゅうめい菊
d0028304_1334410.jpg

ばら
d0028304_13353727.jpg

種が出来た水花の穂先
d0028304_1337135.jpg

夏の花、ハイビスカスと芙蓉
d0028304_13382290.jpg

庭園の花たち
d0028304_13393361.jpg

d0028304_13405946.jpg

豪華な花の時季がすぎましたが、静かに可愛い花を眺め都会の賑やかさをふっと
忘れる時間が作れました。
by dekomama | 2010-10-17 13:45 |

彼岸花の咲く見沼用水

秋に三日の晴れ間なし...とは良く云われています。
今年は夏の猛暑の影響で彼岸花の咲きが遅くなりました。
友人のブログにはようやく高麗川べりに咲く花の群落が掲載され、ページを華やかにしています。
私達も日高まではオックウ~で近間で咲いているだろう...と見沼に出掛けました。
桜並木の用水土手にチラホラ咲いています。
カメラを手にしている人も2.3人行き交いました。
dekopapa
d0028304_1937798.jpg

d0028304_19382036.jpg

dekomama
d0028304_1941041.jpg

d0028304_19505445.jpg

見沼の総寺院から国生寺に廻る、珍しい野鳥が生息するこの辺はプロのカメラマンが早朝から1日中水辺の木立に構えてシャターチャンスを狙っています。

国生寺は小高い土地の為見晴らしが良い、色とりどりの菊畑の横で畑を耕している婦人に声をかけた。
「御せいが出ますね~」「なんの~私がやらないと荒れてしまうからね」「手をかけるのは凄い事ですよ。」「お前さん、仏壇が家にあるかね?」「はいあります」「良かったら二番花だけと持っていきなよ」」
と手にいっぱいの 赤.白.黄色.ピンクの一重八重の花を頂きました。
行きずりの私に、人の心の温かさをしり、ニコニコで帰ってきました。
d0028304_20354037.jpg

瓢箪と花 ジャンボ柚子直径15センチはありました。(大宮第二公園)
d0028304_19544184.jpg

公園の木の実
d0028304_2028118.jpg

d0028304_1956993.jpg

時計草とにらの花  
d0028304_19564973.jpg

粘土細工です  きれいでしょう~このお飾りEチャンの手作りです。
d0028304_20414154.jpg

パッチワークキルトの構想が出来ました。
タペストリーで海と魚を未だ作っていません。海の中の魚を作ることにしてアレヤコレヤと談議をしてようやく魚が決まりました。手持ちの布から魚を作るのはナカナカ知恵が浮かびません。コーヒーを飲みながら魚のデザイン決ったのです。
何とか海の中に見えるよう...これからが大変です。
d0028304_20442042.jpg

d0028304_20443721.jpg

by dekomama | 2010-10-02 20:23 |