人気ブログランキング |

人形の街 鴻巣
19日 明日の天候は雨と風が吹く と聞き人形を見たり、荒川河川敷でデジカメしたり
お米を買ったりと急に思い立ち、ハンドルを持つ。
風も無く晴れてはいるが、遠くの空はくぐもっている。このぶんでは富士山は難しいかな~
50k程走ると目的の農協売店に着く、20キロの米を5キロずつにしてもらう。
米は3軒の家に行きます。この米のご飯が美味しく時々買ってきて~と頼まれます。

荒川を渡ると、微かに山並みの向こうに富士が見えます。
デジカメでは無理、主人のカメラで撮れました。
どうにか 解りますよね~

ふと、土手を見ると黄色い可愛い花が、ポツ.ポツ見えます。
「あれ!からし菜ではない~」・・・そう~・からし菜が蕾をチョト出しています。

微かに見える富士
d0028304_13441365.jpg

河原と土手のからし菜、枯れ草の中若緑の葉・・そして家でボイルしました。
d0028304_13554656.jpg

d0028304_13561357.jpg

d0028304_13572821.gif

鴻巣雛日本には優雅な伝統行事が数多くあり、中でも子供の健やかな成長を願って飾る【節句人形】は伝統美を伝えるものです。
節句人形が現在のような豪華さを見せ始めたのは、江戸も中ごろ人形業者30軒職人300人、鴻巣はその頃より【鴻巣雛】として「関東三代雛市」の一つに数えられていました。
鴻巣雛の伝統の灯は、平成の今も確りと守られています。
近年になり、ボランテイーアの手により【鴻巣ビックリひな祭り】催され・ビラミト型に飾られ、各家庭に眠っていたお雛様が、又子供に災いが降りかからず、美しく健やかに成長するようかざられています。  街の活性化にもなっています。

ピラミットびな 高さ5.7メートル、 26段 約1400体
d0028304_14274129.jpg

老人ホームの方も車椅子で観覧です。注意して見ると つるし雛もあります。
d0028304_17222626.jpg

d0028304_14281758.jpg

階段雛 330体
d0028304_17285936.jpg

d0028304_17345419.jpg

玄関前に竹の中に入った竹雛がむかえます。可愛いですね~
d0028304_14304141.jpg

by dekomama | 2009-02-20 14:38

2月前半

今月は楽しいことが続く月の前半です。
4日いきがい写真部.谷中撮影会、7日Eちゃんのピアノ発表会、9日大宮公園梅観賞、11日Eちゃんとお留守番と良い日集中。

大宮梅園、
この公園は第二公園と言い、中に梅520本、紫陽花、菖蒲園、
カオリロードなど四季の変化を楽しめるところです。
dekopapa
d0028304_10465151.jpg

d0028304_10471966.jpg

d0028304_10295448.jpg

d0028304_103172.jpg


dekomama
d0028304_1135594.jpg

d0028304_1142983.jpg

メタセコイアの木立 手前の土手は香りロードで、ハーブのベルガモット、
クラリーセイジ、ラベンダー、サルビア、レンギョウ、白蝶草等
爽やかな香りが時節に楽しめます。
d0028304_1171842.jpg

香りロード
d0028304_1735120.jpg

d0028304_17361164.gif

さいたま文化センターでの、ピアノ発表会は小ホールいっぱいのお客様で
可愛いドレス姿の生徒は緊張と嬉しさで、華やいでいました。
Eちゃんはスゴク上手に弾けました。
d0028304_1194964.jpg

Eちゃんとお留守番の後、ママとおねいちゃんが4月から行く学校の制服採寸とガイダンスが終わり、帰ってきました。
じ~じはチョト早い、バレンタインのチョコをもらいご満悦です。
d0028304_1111897.jpg

by dekomama | 2009-02-12 11:00

立春の2月4日 写真クラブでは、「谷根千」撮り歩き と称し、歴史と文学・下町風情を宿す坂、路地、寺の町 谷中・根津・千駄木を撮影しながら歩く。
午後【日暮里駅】に集合し、夕焼けだんだんから入りました。
昔ながらの細い路地、密集して軒を連ねている、お店・お店。
何処か懐かしい思いを感じながら、レンズを覗き浮き立つ気持ちで
散策しました。

失われなかった懐かしい情景 谷中・根津・千駄木の頭文字をあわせて谷根千(ヤネセン)。山手線の内側、都心のほぼ中央に位置する台東区谷中、文京区根津、千駄木に広がるエリアをあらわす愛称です。日本橋や神田のようなもともとの下町とは違って、植木の里、寺社詣り、花見の名所として比較的新しく開けました。しかし震災や戦災での町並みの焼失が少なく、いまでは昔ながらの情緒の残る界隈として多くの人に愛されています。谷中は寺が七十幾つもある寺町で、その門前を縫うように町屋が建っています。そのため寺や墓地などの広いスペースの割に人口密度が低く、井戸なども点在して残っている静かで緑の深い地域です。根津は上野台地と本郷台の間の谷底のいまでは暗渠になっている藍染川沿いに商業が栄え、宝永3年の根津神社の造営から門前に岡場所ができ、明治に入って20年ほど根津遊郭として人々が集まりました。いまでは職人と商人が多く、人口密度も高くて人情味のごく深い町です。千駄木は明治以前は上野の寛永寺が所有する雑木林でしたが、明治以降、東京大学に隣接する地域として多くの学者や文化人が住むようになりました(ネットより検索)

d0028304_2017845.jpg

d0028304_2032513.jpg

商店街は同じ丸い看板・それぞれに楽しい。
d0028304_2062692.jpg

d0028304_207525.jpg

d0028304_2073391.jpg


千駄木よりバスに乗り、文京区役所(文京シビックセンター)の展望夜景
を撮影する。
dekopapa
d0028304_20141147.jpg

後楽園 dekomama
d0028304_20183336.jpg

d0028304_20192613.jpg

d0028304_20235286.gif

紫陽花加工の続き・   まだ「あじさい」があります。
えりちゃんのピアノの発表会に花篭・そうだ~花かごを作りましょう...
かわいいのが出来ました。
d0028304_2028982.jpg

d0028304_20294924.jpg

d0028304_20304720.jpg

by dekomama | 2009-02-05 20:33