人気ブログランキング |

2007年 12月 15日 ( 1 )

南極大陸

いきがい大学第二回公開学習
12月14日熊谷市の熊谷会館ホールで国立極地研究所副所長 本吉洋一氏(理学博士)を
迎え『地球のタイムカプセル』と題した講演を聴きました。

この日 1911年12月14日ノルウエーのアムンゼンが南極点に到達した日です。
16世紀の頃南の果てに未知の地があると言われていました。
世界で三人の冒険家が南極点を目指していました。アムンゼン・スコット・そして日本の白瀬中尉です。アムンゼンが一番乗り、スコットは到達しましたが、多くの隊員を失いました。
白瀬中尉は途中で断念せざるを得ない事になります。

そして現在日本は第一次観測から南極観測50年を迎えたのです。
地球の温暖化が叫ばれている今、この講演を聞けた事は自分の仲に大きな関心と人類の危機を知ることが出来ました。昭和基地はオーロラの起る所で毎日見る事が出来る。
日本の37倍在る南極大陸は氷の厚さ(4千m 平均2千m)この氷が全部解けると60~70mも水位が上がるそうです。
オゾンホールは日本が世界に先駆けて発見し、そのホールは年々広がり予想以上の広がりを
見せている事を 過去観測隊員としての体験談は身に迫ってくるものがありました。

先生のモットウーは 『自然を恐れず・あなどらず・さからわず」 でした。
せめて私の出来る事は...生活の中で温暖化を少しでも遅らせる協力をする事でしょう。

基地のオーロラ
d0028304_20203222.jpg

熊谷会館といきがい生
d0028304_20205726.jpg


暖かい公園の陽だまりはワンチャン談義で賑わいます。
この茶色の大きなワンワンはニュウーファンドランドです。目が可愛いね~
木の実に虫が卵を産みつけています。何でしょう辞書を見ましたが解りません~
d0028304_20233910.jpg


今年もケーキを焼きました。
d0028304_20382333.jpg

by dekomama | 2007-12-15 20:39