彩の国の田植え

埼玉県では、麦の刈り取りが終わりになる、5月中頃から6月上旬に掛け
田植えが行なわれます。

新緑の映える晴れた日、米どころの平地を訪ねました。
見渡せる、麦畑の麦は黄金色に実り、実いっぱいに膨らんだ穂は頭をたれ
刈り取りを、待っています。
(この辺は昔から地粉の産地で、それで作るこしが強く、滑らかな「うどん」は産物です。)
その隣の田は、田植えの準備がおわり、地整らされ、水が張られています。
先に目線を向けると、そこはコンバインを使い、田植えをしていました。

私達ハッピイーです~  挨拶をし、撮影させてもらいました。
あぜ道に居る、奥さんは話してくれました。
「今植えているのは「さいのかがやき」ですよ、家で食べる時は、この米と「こしひかり」を
半.はんにして、炊きます。美味しいですよ~。」
なるほど、こうして手を掛け、育て食べる時、精米をする。 美味しい!うまい!...
解る気持ちになりました。

母屋に通ずる小道には、花が彩りも多く、咲いています。
これは奥さんの手植えでしょう。  暖かい ほんわか気分になりました。

コンバインの田植え
d0028304_11553718.jpg

田植え風景
d0028304_11565719.jpg

麦畑
d0028304_1158249.jpg

ジャガイモ畑
d0028304_11584423.jpg

花の小道
d0028304_1225626.jpg

d0028304_11594399.jpg

d0028304_122079.jpg

枇杷
d0028304_1233882.jpg

by dekomama | 2009-05-30 12:20