高麗川べり巾着田の彼岸花

先月の28日「 いきがい写真部」は巾着田に、彼岸花を撮影に行きました。

初めてこの花の赤いジュウータンを敷き詰めたように咲いている群落を見たのは、
子供達が中学生の頃です。
三十年程前の事です。浦和から1時間40分位の時間で到着。
河原の土手に車を止め、友人のご主人の案内でのんびりと散策できました。
訪れる人もまばらでゆっくりと花を愛でる事が出来ました。

それから2.3年毎に友人を車で案内して来ましたが、年年花を楽しむ人が増え
日高市の観光課が花の里として広め、駐車場、トイレが出来入場料も設定されました。
この日は観光バスも多く、駐車場も満杯、売店も人の波。
「100万本の彼岸花の里」・見物の人の数も連日満員と言う事でした。
d0028304_2045674.jpg

満開の花を楽しむ人、人
d0028304_2015667.jpg

花と流れ
d0028304_2053081.jpg

d0028304_2062432.jpg

d0028304_2064880.jpg

d0028304_2082771.gif

秋晴れの1日 新米を求めに吉見に出かけました。
数年前からここの米を食べるようになりました。
県東部の米とこちらのとを  食べ比べてみたのです。
すると山間の里である、こちらの米がダンゼン美味しかったのです。

空には ほんとに綿のような雲が浮かんでいます。
農道の両脇の田んぼは頭をたらした、稲穂が見事に実り小金の波です。
良い気持ちでその中を走りました。
d0028304_20183939.jpg

d0028304_2019913.jpg

d0028304_20203914.gif

秋に毎年ある「高齢者造作展」が今年も 埼玉会館で9月開催されました。
いきがいの仲間も写真部では大勢の参加がありました。
知事賞を取られた方はいきがいの方でした。すごい!
私は絵の方で参加しました。
   知事賞の作品
d0028304_20273743.jpg

   私の絵 「白つめ草の咲く道」
d0028304_20293586.jpg

   野の花の会展での出品 「春のきざし」
春雪がまだ残る、信州鬼無里にさそわれ、雪解けの水が流れる中で健気に咲く
水芭蕉の群落を見る事が出来ました。
雪を踏みしめてここまで、たどり着き 流れに逆らって咲く白い花に感動し、その気持ちを描いてみました。
d0028304_20311312.jpg

by dekomama | 2011-10-05 20:43 |