カテゴリ:旅とハイキング( 31 )

春の鎌倉カメラ散歩

いきがい大学写真クラブ では今回の撮影地を鎌倉となり、私は1年半以上撮影会に参加していませんでした。
鎌倉は行きたいな”行って来ると何時も癒され、満たされた気分が暫らく残ったものです。
そんな思いがあり、体調も良い方に向かっているので無理をせず参加する事にしました。

今回は「いきがい写真クラブ」他の班の人達合同で17人のグループです。
行動予定は 報国寺(竹寺)杉本寺(鎌倉最古の寺)瑞泉寺です。
八幡宮から雪ノ下を通り、予定地を廻りました。
報国寺 竹林 竹林の中を道に沿ってカメラを覗く、男ツバキの赤い実が際立つ
d0028304_15540221.jpg
ツバキの赤い花弁が優しく迎えてくれた。
d0028304_15545047.jpg
d0028304_15570931.jpg
d0028304_15571640.jpg
紅梅、白梅 みつまた スイセンと早春の花が可愛く咲いている。
d0028304_15560648.jpg
d0028304_15563012.jpg
ジャンボ柚子を頂戴しました。
何を作ろうかな~と考えました。割って見ると...中身に所どころが色が変わっています。
良い所だけ選んで、暑い皮を甘く煮て 水分と飛ばしスイーツに もっと早く頂けたら良かった...と思う。
d0028304_16000384.jpg

by dekomama | 2017-02-06 16:52 | 旅とハイキング | Comments(6)

10月10日いきがい18期校友会のバス旅行がありました。

富弘美術館も久しぶりなので、参加しました。
群馬の山郷はまだチョと紅葉には早く、 チョと残念との声も聞こえた。
しかしながら富弘び美術館周辺は綺麗な紅葉でした。
d0028304_10122824.jpg

d0028304_1013318.jpg

d0028304_10153553.jpg

d0028304_10305724.jpg

足尾銅山 
以前鉱石公害が表面化した頃、この辺一帯の山の斜面は地肌がむき出しだった。
NPO法人とボランティアの手によって、植林が行われ
現在は緑鮮やかな斜面に変わっていた。
d0028304_1017331.jpg

d0028304_10172750.jpg

d0028304_141034.jpg

玄関ガーデン
昨年花の球根を紙袋に入れ、次期が来たら植えましょう...と思い保管していました。
すっかり忘れ、10前に気がつき、袋を開けて見ると球根から芽が出ています。
これは大変と大急ぎてプランターに植えました。
昨日1輪ピンクの花が咲きました。すると今日は な~んと14個さきました。
此花は多分 「コロチカム」 だと思う~...ちがうかな~
d0028304_14171917.jpg

d0028304_14174425.jpg

by dekomama | 2013-10-20 10:31 | 旅とハイキング | Comments(8)

d0028304_2071873.gif

4月25日いきがいハイキング.クラブでは、高水三山縦走を計画しました。
Aコース
高水三山は入門コースとは言え、三つの山を縦走する為高低差、距離もあり
結構ハードな登山路ですがゆっくり休憩を入れながら、若芽の新緑を楽しみながら
登り下りします。

Bコースは多摩川沿いの遊歩道と玉堂美術館などがゆっくり楽しめるコースです。
以上の案内状を受けた私は、Bコースとしました。
この秩父の奥多摩渓流はスケッチの会で御岳山の宿坊に泊まり、鳩ノ巣渓谷などを
スケッチする、2度ほど参加したが、何時も夏でした。

春は始めての奥多摩渓谷です。

「いもうと屋」を出発して川沿いの遊歩道をあるく、見上げると柔らかな緑の葉に包まれた峰の斜面、
川面に目を向けると、青く澄み通った水、大きな岩に砕けた水しぶきが白く舞い上がっている。

何ともすがすがしい空気、体いっぱいに素敵な風景の贈り物でした。
d0028304_20395593.jpg

d0028304_20284372.jpg

d0028304_21484175.jpg

d0028304_2030393.jpg

d0028304_20313067.jpg

d0028304_20315831.jpg

白い花が渓谷の両岸いっぱいに咲いていた。(うつぎに似ている)
d0028304_20322536.jpg

d0028304_2035522.jpg

d0028304_20364675.jpg

岸辺で釣りをしている人、Eさんも釣り好きとか?
d0028304_20381349.jpg
d0028304_20412744.gif

写真部では、4月23日に昭和記念公園で花の撮影を行った。
チュウリップはもう終わりかと思っていたが、未だ渓流に沿って、色とりどりに咲いていました。
d0028304_21193533.jpg
d0028304_21204396.jpg

花の向こうに仲好し二人
d0028304_2122863.jpg

d0028304_21223791.jpg

d0028304_2123357.jpg

d0028304_21235566.jpg

d0028304_21241575.jpg

日本庭園にて
d0028304_21244593.jpg

d0028304_21272981.jpg

by dekomama | 2013-04-29 21:33 | 旅とハイキング | Comments(12)

息吹の春のハイキング

 名簿順の最後の私は いきがいの18期の理事が回って来ました。

昨年は1回の参加、6~8キロの市街を歩くのは周りの風景にも気持ちが行き
一緒に歩く友人との会話も楽しく、意外な発見もありました。
そんなこんなで、年1回はコースに無理のない時は参加しょうと思いました。

4月5日蕨連協第1回ウォーキングが行われました。
今回のウォーキングを今年の広報原稿担当、理事のSさんと作成する事になりました。
何とかしっかり最後まで歩こう~と体調を整えて参加しました。

コース:距離約7キロ、南浦和(東口)御蔵公園ー浦和競馬場ー上谷沼調整池(休憩)ー
見沼代用水西堀 ー明花公園ー井沼方公園(ゴール)

さくら花爛漫の下、御蔵公園に集まった「いきがい校友会」の参加者は181名
18期参加者は19人.皆さんお元気なシニアの方々。 さあ~出発です。
d0028304_1654792.jpg

道々のさくらの下を行き交う人達の楽しい散策です。

保育園のかわい子ちゃん達、 バイ”バ~イ
後ろは競馬場です
d0028304_1656508.jpg

d0028304_16583533.jpg

d0028304_16593540.jpg

d0028304_1725895.gif


4月9日 三つ峠ハイキング(Bコース河口湖畔散策)

5月のハイキングの当番班になり、9日晴れ間を見て下見をして来ました。
川口湖の畔は今桜が満開、ラッキーな下見になりました。

河口湖町の役場により、観光課で資料を戴き、職員さんに話を聞き、とても親切な応対です。
湖畔のお土産やさんは閑散として、わずかに、中国人でしょうか、観光をしていました。

三つ峠山(開運山)に登ります。
裏手の三つ峠登山口からのコースでジープが通る山道をゆっくり約2時間歩きます。

天候さえよければ、大野山以上の富士が見れます。
Bコースは河口湖周辺の散策です。

干上がった湖中に現われた六角堂に歩いて行かれます。
何でこんな事になったのでしょうか?
水位が3メートルは下がったとか、多くの水はどこに行ったのか。不思議と不安です。

周辺には博物館や公園、が多くあり楽しむ事が出来ます。
下見の9日は晴れ渡った青空に恵まれ、本番当日もこのような天候であってほしいと願う。

さくらと富士
湖畔の木立に桜並木もあり、今日は7分咲き位で満開とは違った花の濃淡の彩りを楽しめました。
その花の枝を超えて湖面の先に、雲もない澄んだ空にスッキ!と雄々しく富士がそびえている。
こんなに素敵な風景に恵まれた時間.感謝しながらデジカメノシャッターを押しました。
d0028304_1717593.jpg

d0028304_1720254.jpg

d0028304_17203248.jpg

干上がった湖底。六角堂も歩いて散策です。
d0028304_1722938.jpg
d0028304_172217100.jpg

by dekomama | 2013-04-13 17:39 | 旅とハイキング | Comments(8)

秋、いきがいの集い

暑かった夏が去りました。
秋.木々の彩りが来ないな~と感じていました。

今日何時もの公園までの散歩道を歩いていると、風に舞う黄色のイチョウの葉.
赤く染まった桜の葉、...一気に秋色に染まったのです。
ここ2.3日寒い日がありました。
木の葉も大急ぎで彩を着けたのでしょう。
肌にひんやりと感じる北風にイロを着けた葉が舞っています。
d0028304_20485369.jpg

d0028304_21181968.jpg

d0028304_20504346.png

いきがい2班では秋の集いは今年国宝に指定された熊谷市の「聖天山と日本女医1号萩野吟子
記念館」を訪ねる事に決めました。11月始め幹事当番の私と友人は熊谷に下調べに行きました。
聖天山ではガイドの説明があまりにも上手なボランティさんで、この人を当日予約をしました。

建物の側面にほどこされた彫刻の説明は「彫り方、の種類・その物語、彫職の心の動きなど
残された歴史を紐解いて話してくれました。
d0028304_2124472.jpg

彫刻集
d0028304_2131443.jpg

子供の遊び
d0028304_213375.jpg

萩野吟子は日本の女性で医師1号になった人です。
この時代で多くの難関を乗り越え、信念を貫いた人です。
記念館では館長さんが細かく話してくれ後ろに流れる利根川の土手を案内してくれました。
d0028304_21131794.jpg

d0028304_2155848.jpg

d0028304_2111339.jpg

by dekomama | 2012-11-25 21:15 | 旅とハイキング | Comments(12)

私の秋・公園の秋・信濃路の秋

先月秋に季節が入り始めたころ、信州北軽井沢ー鬼押し出しハイキングの集いに誘われた。
鬼押し出しは、もう~30年も行って無い。
軽井沢には親戚も多く、1時は訪れる事も多かったがここ鬼押し出しまでは行く事はなかった。
懐かしい思いに駆られ 即参加を決めた。

バスは群馬県の妻恋から北軽井沢ー鬼押し出しと入った。
昔ながらの本線から外れた道はくねくねと曲がり、窓に映る民家の庭では柿の実が
タワワに実を付け、小菊が赤・白・黄色と可愛く色を添えている。
そんな街道を走り、鬼押し出しに向かいました。
d0028304_1693523.jpg
ネットより
浅間山の噴火 天明3年(1783)7月8日4月、鳴動が始まり、大地は鳴り響く。

その後、何度となく爆発、震動がおこる。

7月に入り噴火活動は最高潮に達した。

7日の夕方から激しい噴火となる。

7月8日、前夜の鳴動もますます激しくなり、
夜が明けても空一面黒煙に包まれ、夜のように暗かった。

そして午前10時頃…

浅間山が光ったと思った瞬間、真紅の火炎が数百メートルも天に吹き上がると共に大量の火砕流が山腹を猛スピードで下った。

山腹の土石は溶岩流により削りとられ土石なだれとして北へ流れ下った。鎌原村を直撃した土石なだれはその時間なんとたったの十数分の出来事だった。

家屋・人々・家畜などをのみこみながら土石なだれは吾妻川に落ちた。鎌原村の被害は死者477人、生存者は鎌原観音堂に逃げ延びた93人のみだった。

この噴火の際、最後に流出したのが鬼押溶岩流である。

〈嬬恋村誌上巻 自然界 浅間山のおいたち・浅間山噴火史より抜粋

d0028304_16172361.jpg
d0028304_1618640.jpg
d0028304_16184193.jpg

鬼押し出しを散策した私達B班は近くにある大滝と魚止めの滝に向かいました。
峠の道をバスで進みながら、移り変わる紅葉の林に吸い付けられました。
大滝
d0028304_16244625.jpg

d0028304_16254527.jpg
d0028304_1626887.jpg

魚止めの滝
d0028304_16351542.jpg

d0028304_16283729.jpg

d0028304_1645647.gif

学校は運動会とバトントワレ等発表会がありました。
Eちゃん達は頑張りました。
d0028304_16475236.jpg

d0028304_1648350.jpg

by dekomama | 2012-11-12 16:37 | 旅とハイキング | Comments(10)

花と森林公園

7月は2班の交流をする月です。
男性班が決めてくれた所は「国営武蔵丘陵森林公園」です。

国営武蔵丘陵森林公園. 明治百年記念事業の一環として作られた日本で初めての国営 公園。
東京ドーム65個分と広大な敷地の中には、運動広場、渓流広場、展望広場、
遊具のあるわんぱく広場、花木園、野草園、ハーブガーデン、ディスクゴルフコース、 ...ネットより

四季それぞれに楽しめるとは言え、今は綺麗に咲く花は姿を隠していました。
山百合が咲く小道では、まだまだ固い蕾のユリを見る事が出来ましたが、みんな
森林浴を胸いっぱいに楽しんで来ました。
森林浴
d0028304_15341295.jpg

d0028304_15344524.jpg

レストランで
d0028304_15362893.jpg

散策コースで出逢った花 白いオカトラノオ、ピンクのねじり花、あざみ、ねむのき等...
d0028304_15371343.jpg

d0028304_15403264.png

玄関ガーデンも花が変わりました。
そこにトンボが来ました。  デコパパさんがしめた~!とパチリです。
d0028304_15495251.jpg

d0028304_15504999.jpg

ブットレアがきれいです。
d0028304_15525059.jpg

d0028304_15541068.jpg

さくろ
d0028304_15562588.jpg

d0028304_15564486.jpg

ストケシア
d0028304_15585338.jpg

d0028304_15594092.jpg

d0028304_1663433.png



孫達がお泊りに来てくれました。
フランスパンでサラパンを2日前に作り、冷やしておきました。
夕食はコワメシにしました。中に松の実、コーン、おあげさんの千切り、を入れ
簡単にしたのですが、おいしい~!と食べてくれ「ネ~ババ つくりかたおしえて~}
ババの簡単手ぬき料理はレシピ手帳にいろいろ入っているよ。」との事
この子は料理学校に行っています。
学校のとばばのはちがうようです。 コレデイイノデス。

ジジトババは又パッチワークで時を埋めています。
d0028304_16173235.jpg

キルト展のユーチューブを作りました。


by dekomama | 2012-07-04 16:19 | 旅とハイキング | Comments(12)

初秋の木曽路

あちらこちらのコスモスが満開。
山も里も 錦に染まる紅葉のあきになりました。

どこかに行きたいね。あそこに行きたいの~と話が、トントンと運び、お任せばかりの私は
旅の手順の上手い友人に恵まれ、初秋の木曽路「高速バスとタクシーでめぐる」
木曽路に出掛けました。中央道を2回休憩をとり、木曽福島には昼の食事時間に入りました。
「くるまや本店」は手打ちそばが美味しい事で有名なのです。
探しながらたどり着くと如何にも古い構えのお店、中に入ると満員。
席をつめてくれテーブルに着く事ができました。
運ばれて来た お蕎麦は十割そばかな~少し黒かった。
口に入れると...な~んと美味しい~~\(^o^)/
満足、まんぞく調べてくれた友人に 感謝です。

   旅の風景を御覧下さい。
     諏訪湖をインターより望む
d0028304_17143333.jpg

d0028304_1722787.jpg

   妻後宿
d0028304_17232458.jpg

d0028304_17241367.jpg

d0028304_17243739.jpg

d0028304_17251393.jpg

   牧場
d0028304_1728154.jpg

d0028304_17285858.jpg

d0028304_17292116.jpg

d0028304_18345626.jpg

赤沢自然休養林
   森林公園 渓流と紅葉 トロッコに乗り檜の木立の中綺麗な水の流れに
そって遊歩道があり、その脇をトロッコが走っています。
子供に返って遊歩道行く人に手をふり、紅葉の風景を満喫した。
d0028304_18553243.jpg

d0028304_18274641.jpg

d0028304_18283673.jpg

d0028304_1829619.jpg

d0028304_18293842.jpg

   馬籠宿と奈良井宿
奈良井宿でNHKの朝ドラ「おひさま」の飴やロケが行なわれました。
安曇野の古い街並みとしてモデル屋並みです。
d0028304_19141941.jpg
d0028304_1914528.jpg
d0028304_19151951.jpg

by dekomama | 2011-10-15 19:02 | 旅とハイキング | Comments(16)

鬼無里

鬼無里、裾花峡と水芭蕉の山郷
d0028304_1204046.jpg

長野戸隠連峰の登り口に近い鬼無里の郷に水芭蕉の大群落がある。
裾花峡の渓流は淡い緑の芽吹きの季節、雪どけの水は濁流となって、勢い良く流れくだり、峰峰から掛け落ちるこの時季の滝は、細く太く飛沫を上げ木々の緑と逢い合って千丈の滝となる。それは素晴らしい風景です。

このような景色は何年ぶりだろう~すごい!きれい~と思わず声がでる。
   前方の峰から落ちる滝
d0028304_12225487.jpg

   散策道を行く
d0028304_12281623.jpg

   湿原に咲く水芭蕉
d0028304_12233491.jpg

d0028304_12222572.jpg

d0028304_12265667.jpg

d0028304_12291561.jpg

   枯れ葦と小枝の溜り
d0028304_12294166.jpg

d0028304_12305212.jpg
d0028304_1232144.jpg

ブナ林に咲く水芭蕉は残雪に抱かれ、鬼無里の奥深い郷に咲き競っていました。
雪道を踏みしめて辿ったこの湿原は元気の源になりました。
by dekomama | 2011-05-12 12:39 | 旅とハイキング | Comments(14)

高幡不動もみじ狩り

30日いきがい班グループで高幡不動え紅葉狩りに行きました。

暖かな天候続きだったので、一番の見頃は過ぎたかな~と不安な気持ち♪
しかし着いて見ると、何とか見納めの紅葉に間に合いました。

ここのお不動は古く奈良時代の開基と伝えられています。
お不動様は怖い~お顔をしていて、子供の時から むずかっていると、お不動様が
見ているぞ~~と言われたものです。
でもお顔をじ~と拝見していると、目の奥は優しい~~

山内八十八ヶ所巡拝コースがあり、みんなでこの散策道を 紅く黄色く染まった木々の間を半分ほど回りました。
d0028304_17204013.jpg

d0028304_1721360.jpg

d0028304_17213459.jpg

巡拝の後ほっかホカのお饅頭を食べ、お店屋さんの心ずくしのお茶をいただき
小腹の空いたお腹はまんぞく~~(^_-)-☆
昼食の立川パレスホテルにモノレールで移動する。
此れも始めての乗車、澄み切った空の向こうに武甲山が見える。
そして締めは昭和記念公園に行き園内電車でひと廻り。
残念~残念銀杏並木もすっかり冬支度に入っていました。
d0028304_19301273.jpg

d0028304_1904720.jpg

d0028304_19321660.gif

川口市の安行と言う地は昔から植木産業の盛んな所です。
又寺院の多い所としても知られ、四季を通して花や紅葉の名所が多いです。
先日写真仲間の友人に誘われ1日テクテク散策 、見学の中に「小林紅葉園」が含まれていました。ここは個人の植木専門園、3千坪の敷地に400種あまりのもみじがあります。5代ほど前の先祖が江戸城後用達の地元の植木屋さんから色づく木々を分けてもらい、収集を始め3代前から本業になり、今は植木の購入ではなく紅葉見学者で毎日賑わっています。植木畑を開放してくれたご主人に感謝です。(パンフより)
d0028304_19534596.jpg

d0028304_19542237.jpg

d0028304_1955290.jpg

d0028304_1957584.jpg

    小林園のもみじ
d0028304_1958444.jpg

    安行で見かけた花
d0028304_19585810.jpg

d0028304_2012351.gif

今月に入り、我が家の恒例になったフルーツケーキを焼き始めた。
用意したドライフルーツやアルコールに漬けた梅とキザミます。
dekopapaさんも、もう手馴れた物で次々と手順良くやっています。
コンペックに1回で3本教までに2本焼けました。
家中がケーキのアマ~イ匂いでいっぱいになりました。
d0028304_20184735.jpg

by dekomama | 2010-12-03 20:08 | 旅とハイキング | Comments(16)