じじとばばの 上海道中

上海は今最も注目されている都市・そのエリアを散策した。
イギリス、フランス、アメリカの租界が設けられた1845年~1943年に建てられた
アール・デコ調の建物が多く建ち並び、レトルムードを感じる。
夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気をあじわえる。

アヘン戦争後、フランス・イギリス・アメリカ・日本までもがここ上海の街を競って
蹂躙し始めたのは20世紀始めの事、悲しい歴史の副産物ですがその重みを
しっかりと感じ取り、この建築美を堪能しここを歩きました。
d0028304_13545784.jpg

d0028304_14243192.jpg

周莊
上海から西え80キロ。ここは江南水郷を代表する運河と橋の街です。
街の中を「井」の字状に運河が交差して、その脇に明・清代に建てられた白壁に
黒い瓦屋根の民家が連なっている。又水郷の商都としての面影を残すアーチ型
の石橋、400年以上も前に掛けられたと言われ、現在14の橋が残っている
d0028304_14381928.jpg

子供は何でも遊びにしてしまう。じじも手伝って・・・(^_-)-☆
d0028304_14384552.jpg

by dekomama | 2006-06-09 14:44 | 旅とハイキング