鬼無里

鬼無里、裾花峡と水芭蕉の山郷
d0028304_1204046.jpg

長野戸隠連峰の登り口に近い鬼無里の郷に水芭蕉の大群落がある。
裾花峡の渓流は淡い緑の芽吹きの季節、雪どけの水は濁流となって、勢い良く流れくだり、峰峰から掛け落ちるこの時季の滝は、細く太く飛沫を上げ木々の緑と逢い合って千丈の滝となる。それは素晴らしい風景です。

このような景色は何年ぶりだろう~すごい!きれい~と思わず声がでる。
   前方の峰から落ちる滝
d0028304_12225487.jpg

   散策道を行く
d0028304_12281623.jpg

   湿原に咲く水芭蕉
d0028304_12233491.jpg

d0028304_12222572.jpg

d0028304_12265667.jpg

d0028304_12291561.jpg

   枯れ葦と小枝の溜り
d0028304_12294166.jpg

d0028304_12305212.jpg
d0028304_1232144.jpg

ブナ林に咲く水芭蕉は残雪に抱かれ、鬼無里の奥深い郷に咲き競っていました。
雪道を踏みしめて辿ったこの湿原は元気の源になりました。
Commented by りんむう at 2011-05-12 14:24 x
こんにちは。
「鬼無里」の地名には伝説もあるのですね。

滝の写真が素晴らしいですね。風情があります。
最後の写真の画像加工が素敵です。
アイディアですね。見ていて爽やかな感じがします。
Commented by dekomama at 2011-05-12 19:54 x
りんむうさん~有難う御座います。
長いバスの旅でしたが、楽しかったですね。
雪どけと、残雪と滝 本命の水芭蕉何十年ぶりで
湿地帯で咲いている所をみました。
勝手に感動しています。
Commented by はなかんざし at 2011-05-12 20:48 x
decomamaさんこんばんわ!
今日は思いがけずお会いできうれしかったです。
いつものことながら出かけるとただでは帰らないのん兵衛な私、今日も結局寄り道で今帰ってきました。
酔いがまわっているので迎えを頼まず歩いて帰りました。
人のいい主人は「何だ、歩いてきたのか?」と。
あまりにいい気分なので気が引けて電話をできませんでした。
悪い主婦です。
最後の写真ステキ!
今度挑戦してみます。でもできるかな。わからなかったら教えて下さい。
Commented by cyaia at 2011-05-12 21:44 x
dekomamaさん
今じっと鬼女伝説を読みました。京の都から配流された美しい
高貴な女性もみじが悪者に担がれて盗賊の首領になり
旅人を襲って鬼女になり、朝廷から紅葉は征伐されてこの地から鬼がいなくなったという由来は初めて知りました。
この話バスの中でみんなに話してあげれば良かったね。
変わった地名だなあと思っていました。
最後の写真の加工変わっていて面白いね。機会があったら教えてね。
Commented by nakasyosi at 2011-05-13 06:52 x
dekomamaさん、こんばんわ。
水芭蕉の旅をご一緒出来て嬉しかったです。
鬼女伝説のあとの説明文、ご自身で書かれたのですか?
今まさにこの通りの風景を目にしたのですね!
初めて見た迫力ありの滝群に行って良かったと花より感動しました。
最後から2番目何だか灯篭が流れている様な雰囲気ですね。
最後の加工、私も面白いと思いました。
想像力もブログには必要、「大変~」
Commented by dekomama at 2011-05-13 11:25 x
花かんざしさん~今晩は。
ほんと。お逢いできてうれしかたで~す。
Kさんは来ると思うよ、と話していた所でした。

加工又やりましょうか?でもみなさんいろいろ出来て凄いと思います。塚越に来たときでも寄ってください。
Commented by dekomama at 2011-05-13 11:29 x
cyaiaさん~いい所でした。
伝説は知っていました。でもあまりにも廻りの風景がステキで見とれていました。
地方には源平の落ち武者の伝説や、悲恋物語が必ずと言っていいほど語り伝えられています。
もう~昔の事で覚えていないことが多いです。
Commented by dekomama at 2011-05-13 11:35 x
なかよしさん~こんにちは。
昨日市民体育館でお逢いできるかな~と思っていました。カラオケでしたか~~

ありがとう~文章?風景を回想している内にこんな文章になちゃたよん~~

加工は皆さんで又はなしあっているでしょう?
塚越にゴルフに来た時でも我が家でお茶しながら加工のおしゃべりも良いですね~~
今度何時きますか?
Commented by すいれん at 2011-05-14 22:07 x
こんばんは。
鬼無里・・・・これは「きなさ」と読むのですね。
場所も知らなくてちょっとネットであたってみました。
いいところですね。
残雪にミズバショウが神秘的というか幻想的というか・・・・・
お写真に見入ってしまいます。
深山幽谷といった風景は引き込まれそうですね。
清々しい気持ちになりました。
Commented by rabbitjump at 2011-05-15 21:38
雪道を・・・辿ってたどり着いた湿原にたくさんの水芭蕉、
感動でしたでしょう。素晴らしい風景に拝見しているだけでも
感動を沢山いただきました。
ふきのとうでしょうか、ここはまだ春浅い気候なのでしょうね。
いいお写真をありがとうございました<m(__)m>(*^_^*)
Commented by dekomama at 2011-05-16 18:57 x
すいれんさん~こんばんは。
いきがい校友会のハイキング部の友人に誘われ、数十年ぶりに雪の里山を歩きました。
ほんとうに感動でした。昔の事は体が覚えているものですね~「雪道はかがとで歩くのよ」とツイ声が出ていました。
そしてこの湿地帯は雪どけの水で池になっていました。
その中で白く流れに逆らって咲いているようで、
ついカメラを向けたくなりますが、土砂降りで思うようにはなりませんでした。でも楽しかったのです。
Commented by dekomama at 2011-05-16 19:05 x
rabbitさん~ありがとう~~
そちらの高原より、北でしょうかマダマダ雪が多くブナ林はステキでしたが、寒かったです。

峠道から峰をみあげると、山桜が満開で色がピンクに濃く咲いていました。
5月いっぱいはこの風景を楽しめると思います。
この「きなさ」(鬼無里)の水芭蕉は昭和39年に発見されたそうです。私も知りませんでした。
Commented by Dai at 2011-05-18 22:28 x
こんばんわ~
我が家のダンナ、同じコースを歩いて昨日帰ってきました。
バスを降りてからしばらく歩き、奥裾花自然園の湿原とひょうたん池など歩いたそうで やはり写真に雪がまだ残っていました。
二泊三日で 高校時代の友人達と行ってきましたが、ダイがいなかったら私も行ったのに。。。(-_-;)
水芭蕉が 尾瀬より大きいそうで本当に大きいと言ってましたよ。

雨の中のこんな風景も情緒があっていいのではないでしょうかね~
松本に泊まられたのかな?
私も機会があったら 行ってみたいな~
(^_^)/~
Commented by dekomama at 2011-05-31 19:02 x
daiさん~ごめんなさい
コメントのお礼遅くなりました。
メールします。
by dekomama | 2011-05-12 12:39 | 旅とハイキング | Comments(14)